FC2ブログ

新図工室の件 | 新図工室の日常とかお知らせとか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by シンアヤ on  | 

ダンサー・モビールの作り方(後編)


前回で全てのパーツが揃ったので、組み立て作業を紹介します。

SZ_blog_20150725_21.jpg

テグスとつぶし玉で各パーツを繋いでいきます。
画像の様に繋ぐパーツにテグスを通していきます。

SZ_blog_20150725_22.jpg

SZ_blog_20150725_22a.jpg

SZ_blog_20150725_22b.jpg

SZ_blog_20150725_23.jpg

つぶし玉をペンチでつぶして固定します。

SZ_blog_20150725_24.jpg

頭、手、足が繋がったところ。

SZ_blog_20150725_27.jpg

こんな感じでレイアウトを確認したら、棒にテグスとつぶし玉で吊るしていきます。

SZ_blog_20150725_30.jpg

最初はグチャグチャになってると思うので、少しずつ調整します。

SZ_blog_20141012_39.jpg

バランスを調整できたら完成です!

SZ_blog_20150725_01.jpg

パーツを繋ぐのが少し難しいので、あんまり強度とか見栄えを気にしないなら、セロハンテープでテグスを留めてもいいと思います。

作ってみてくださいね!




スポンサーサイト
Category : 工作レシピ
Posted by シンアヤ on  | 0 comments  0 trackback

ダンサー・モビールの作り方(前編)


前回紹介した、ダンサー・モビールの作り方です。

SZ_blog_20150725_01.jpg

準備する材料
SZ_blog_20150725_02a.jpg

①型紙<ダンサー・モビールの型紙はここからダウンロードできます
②キラキラした厚紙(好みの色で。私は4色用意しましたが1色でも。)
 ※今回は工作用紙のメタリックを使用しました。厚さもちょうど良かったです。
③金や銀のカッティングシート(45cm幅×15cm)
④細い棒(私は6mmのラミン丸棒を使いましたが、拾った小枝等でも☆)
⑤テグス(4号くらい)
⑥つぶし玉(用意したテグスに合わせたサイズ。無くても大丈夫)


まず、棒を30cmを1本と、20cmを2本に切り分けます。

SZ_blog_20150725_28.jpg

私は家のインテリアに合わせて茶色に塗装しましたが、お好みで。省いても問題ないです。

SZ_blog_20150725_29.jpg



次に、厚紙をダンサーの形にカットします。
型紙を写すため、型紙の裏から線の上を濃いめの鉛筆で塗りつぶします。

SZ_blog_20150725_03.jpg

塗りつぶした面を、写したい厚紙に当たるように置き、線の上をボールペンなどでなぞります。

SZ_blog_20150725_06.jpg

SZ_blog_20150725_07.jpg

写した線に沿って、カッターで切り抜きます。

SZ_blog_20150725_09.jpg

同じ作業を繰り返し、4人のダンサー全て切り抜きます。

SZ_blog_20150725_10.jpg

後でテグスを通すための穴を、キリなどで開けておきます。

SZ_blog_20150725_11.jpg

続いて、裏面にカッティングシートを貼る準備をします。
無駄なくカッティングシートに貼れるように、カッティングシートの幅に合わせて並べてみます。
カッティングシートは、丸まってしまうので、テープで四隅を留めておくと作業がしやすいです。

SZ_blog_20150725_13.jpg

貼っていきます。

SZ_blog_20150725_14.jpg

貼り終わったところ。

SZ_blog_20150725_15.jpg

カッティングシートのはみ出た部分をカッターやハサミで切り取ります。

SZ_blog_20150725_18.jpg

剥がれないように、縁を爪でシゴいておくと、仕上がりが綺麗です。

SZ_blog_20150725_19.jpg

テグス用の穴を、貫通させておきます。

SZ_blog_20150725_20.jpg

これで全てのパーツが揃いました。

SZ_blog_20150725_21.jpg

組み立ては次回にします!

Category : 工作レシピ
Posted by シンアヤ on  | 1 comments  0 trackback

赤ちゃんのモビール2 ダンサー・モビール


ムナリ・モビールの次に、ダンサー・モビールを作ったのは、かれこれ1年前。。
紹介しようと思いつつ、あっという間に時間が経ってしまいました。。

ダンサー・モビールもムナリ・モビール同様、モンテッソーリ教育で紹介されているモビールです。

SZ_blog_20150725_01.jpg

キラキラ光りながら人型が踊るこのモビールは、だんだん色が認識出来るようになってきた生後3ヶ月以降の赤ちゃん向けだそうです。実際、娘もよく見ていました。

よく見える様にと思って低い位置に吊っておいたら、最後にはこんな無残な姿に。。

SZ_blog_20150725_32.jpg

SZ_blog_20150725_33.jpg

もう卒業という事かなと、お役御免としました(笑)

次回、作り方を紹介します。
しばしお待ちを。

Category : DIY
Posted by シンアヤ on  | 0 comments  0 trackback

HAPPY BIRTHDAY ウォールステッカーの作り方(後編/貼り方編)


HAPPY BIRTHDAYウォールステッカーの作り方後編です。
前編はこちら

SZ_blog_20150824_19.jpg

ここまで出来たので、剥がして壁に貼っていきます。

クリアファイルの材質とかにもよりますが、クルンとなっても気にせず、ゆっくり剥がします。

SZ_blog_20150824_20.jpg

SZ_blog_20150824_21.jpg

細かい事は気にせず、とりあえず壁に貼ってみます。

SZ_blog_20150824_22.jpg

SZ_blog_20150824_29.jpg

これでもいいけど、折角なので、もうちょっと整えます。

マスキングテープの素晴らしい所は貼り直しが簡単なコト!
ペロンと剥がして、位置を微調整しましょう。

SZ_blog_20150824_23.jpg


綺麗に並べる一手間に使用するのは、またまたマスキングテープ。
こんな感じで、マスキングテープでガイドを作って貼り直していきます。
最初の『H』と最後の『!!』から貼って、真ん中に向かって貼って行くとバランスが取りやすいです。

SZ_blog_20150824_24.jpg

SZ_blog_20150824_25.jpg

SZ_blog_20150824_26.jpg

破れたり粘着力がなくなったりしたら、その文字だけ作ればいいので気楽♪

更に『1st』を足して完成。

SZ_blog_20150824_01.jpg

『1st』の型紙はここからダウンロードできます



失敗したのをスマホケースに貼ってみたら、なかなかカワイイ!

SZ_blog_20150824_27.jpg

それから、こんな感じで友達にプレゼントしたら、簡単に貼れたと喜んでもらえました♪
2枚目のシートは『名前』と『1ST』。

SZ_blog_20150824_28.jpg

『HAPPY BIRTHDAY』以外のアルファベットも用意したので、名前とか誕生日以外にも!
アルファベットの型紙はここからダウンロードできます

色んな色や柄のマスキングテープがあるので、オリジナルのステッカーを作ってみて下さいね。


※壁の材質によって剥がれなくなったり、跡が残るコトもあるかもなので、目立たない所に貼って確認することをオススメします。

HAPPY BIRTHDAY ウォールステッカーの作り方(前編)


前回紹介した、マスキングテープを使った『HAPPY BIRTHDAY』ウォールステッカーの作り方です。

SZ_blog_20150824_01.jpg

準備する材料。
SZ_blog_20150824_03.jpg

①型紙<型紙はここからダウンロードできます>
②クリアファイル1枚
③15mm幅のマスキングテープ
④カッター


まず、クリアファイルに型紙を挟みます。

SZ_blog_20150824_04.jpg

マスキングテープをクリアファイルの上から型紙に合わせて貼り、余分をカッターで切り落とします。
マスキングテープだけを切る(クリアファイルは切らない)ので、あまり力を入れないように!
型紙が透けて見えないと切れないので、マスキングテープは薄い色の方が作業しやすいですよ。

SZ_blog_20150824_05.jpg

最後にクリアファイルから剥がして壁に貼るので、丸の部分はシッカリ重ねて貼ってくださいね。

SZ_blog_20150824_06a.jpg

『A』はこんな風に貼った後に、点線部分をカッターで切り取ります。

SZ_blog_20150824_08.jpg

次は『P』と『B』。こんな風に重ねて貼ると、一部が厚くなり過ぎて下線が見えないし、模様も合いません。

SZ_blog_20150824_09.jpg

SZ_blog_20150824_12.jpg

ちょっとマスキングテープが勿体ない感じがしても、こんな風に少し重ねて模様を合わせて貼った方が仕上がりが断然キレイです。
下線もちゃんと見えるので、カットもしやすいです。

SZ_blog_20150824_10.jpg

SZ_blog_20150824_13.jpg

『R』は、『P』を作ってから斜め線を足すと綺麗に出来ます。

SZ_blog_20150824_14.jpg

SZ_blog_20150824_15.jpg

『D』は『P』『B』みたいに貼ってもいいし、模様のないテープを使う場合にはこんな風に貼ってもOKです。

SZ_blog_20150824_18.jpg



『HAPPY BIRTHDAY!!』全て完成するとこんな感じ。

SZ_blog_20150824_16.jpg

SZ_blog_20150824_19.jpg

あとは、剥がして壁に貼るだけ。後編に続きます。

Category : 工作レシピ
Posted by シンアヤ on  | 0 comments  0 trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。